岡崎で一番勉強する学習塾、個別志導のサクセス。小学中学受験にも強い。英話・そろばん・習字・パズル・速読教室も併設。

ニュース&コラム

成功するのに大事なこと

こんにちは!

塾長、親子共育トレーナーの近藤友紀です。

 

本日のお話は、

成功するのに大事なこと!についてです。
結局のところ成功に大事なのって「量」です。

こういうこと言うと「うんうん。聞いたことある」みたいな人も多いと思うので

今日はもう一歩踏み込んだ考えをお話したいな と。

一例として20世紀最大の芸術家と呼ばれる「ピカソ」の話をします。

ピカソってホント誰でも知っている超有名な芸術家なわけですが彼は生涯でどのくらいの作品を制作したか知ってますか?

ちなみに日本でピカソと同じくらい有名な「ゴッホ」の作品数は油絵約860点、水彩画約150点、素描約1030点、版画約10点、手紙に描き込んだスケッチ約130点も合わせると…
彼の生涯で2,100点以上の作品をつくっていることになるそうです。

さぁピカソはどのくらいか…

「そこまで言うんだったら かなり多いんだろうな。 1万点とか…?」

ってイメージしますよね。

正解は…

・・・・・・・・14万7800点。

強烈ですよね。
ちなみにピカソの生涯からの計算だと1日5点つくったことになるそうです。

なにが言いたいかって言うと「そのくらい“量”って大事だよ」で終わってたら

つまらないんです。

そうじゃなくて「そのくらい“量”をつくろうと思ったら “速さ”と“完了”が必要だ」ってことなんですよね。

ありもしない完璧主義に囚われていたら14万点なんて作品数つくれません。

限りある時間の中で“総チャレンジ数”を増やしていくためには速さが必要だし完璧じゃなくて「完了」が必要なんだってことなんです。

ちなみにもうちょっと言うならこれだけの作品数を残したピカソだけど何個作品知ってますか?

『ゲルニカ』『アヴィニョンの娘たち』『泣く女』くらいではないですか?

ピカソですら後世で名前を知られるほどの作品って14万7800分の3です。

1回ミスったくらいで凹んでる場合じゃない。

14万回チャレンジするつもりで1回1回やっていけばいいんです。

 

 

 

サクセスは、お母さんの応援団!

いつでもお気軽にご相談ください。

次の記事 

前の記事 

このページの先頭へ