岡崎で一番勉強する学習塾、個別志導のサクセス。小学中学受験にも強い。英話・そろばん・習字・パズル・速読教室も併設。

ニュース&コラム

言葉の意味を換える

こんにちは!塾長の近藤友紀です。

 

今回は、言葉の意味を換えることによって、

習慣を変えることができる方法をご紹介します。

 

たとえば、

「ケーキ」という言葉をきいて、どんなイメージを持ちますか?

「ケーキ」=「おいしい食べ物」だとします。

これは、ケーキという言葉が脳の扁桃核では快と判断したことになります。

でも、ダイエットをしている人にとっては、それはいいことではありません。

ですから、脳が不快と判断するように、「ケーキ」=「脂肪の塊」と入力します。

「今から脂肪の塊を食べる」という言葉によって、脳は不快と判断し、食べる気を失っていきます。

このように、言葉の意味を換えれば脳は素直にだまされてくれます。

 

 

たとえば、「塾から宿題をもらった」というのを「塾からご褒美をもらった」と言ったほうが、脳が快となり、素直に脳は喜んでやる気もアップするのです。

 

 

言葉の意味を換える。

是非、やってみてください。

 

 

サクセスは、お母さんの応援団!

いつでも、お気軽にご相談ください。

 

 

 

次の記事 

前の記事 

このページの先頭へ