岡崎で一番勉強する学習塾、個別志導のサクセス。小学中学受験にも強い。英話・そろばん・習字・パズル・速読教室も併設。

ニュース&コラム

戦略的根性論?!

みなさん、こんにちは!

サクセス塾長、親子共育トレーナーの近藤友紀です。

 

年初に中学生の合宿で話したことの1つですが、

今回は「アファメーション」についてお話しします。

 

 

アファメーションってなにかっていうと

ザクッと言えば「自己暗示」ですね。

 

で、どんなことするか

これもまた超ざっくり言うと

鏡に向かって(向かわなくても)

「ツイてる!ツイてる!」

って言ったり

「かわいい!イケてる!」

「いい感じ」

みたいな感じです。

 

そうして言葉をつかって

自分自身に良い暗示を刷り込んでいくのが

アファメーションです。

 

で、私の意見としては

アファメーションが良いか悪いかとかではなく

“それを使う心理”が大事だと思うんです。

どういうことかというと…

 

現時点で、イケていないと思っている

自分を変えるためには

やっちゃダメだということ。

 

つまり、

「今、私はイケてない…」

「だから、コレで変えるんだ!」

という心理があって

『私はイケてる!!!』

っていくら言葉で言っても…

 

心理的にははじめにある

“自己否定”からはじまっちゃっているので

そっちが刷り込まれちゃうわけです。

 

THE 本末転倒。

THE 泣きっ面に蜂。

 

逆に、

「マジ、イケてる私」

「さらに行くよ~ここから!」

という心理があって

『私はイケてる!!!』

って言葉に出すのなら

心理的な自己肯定が更に助長されて効果を発揮すると思います。

 

かと言って

「よーし。じゃあ心理的にも思い込むでござる!」

と言っても無理でござる。

心理なんて無理やり変えようとして

変わるもんじゃねーでござるなんです。

 

じゃあ、どうしたらいいか?

 

 

むちゃくちゃ行動する。

 

もっと簡単なこと言いたい。

新しい解決策出したい。

「なるほどー!」とか言われたい。

 

けどしょうがないです。

ウソはつけないから。

 

成果が出ている方法を

超素直に学んで

これでもかってくらい実践して

気合とか根性とか情熱とか愛とか

あらゆる概念ぶちこんで

血とか汗とか涙とか

あらゆるもの流しながら行動する。

 

 

「自分はダメだ」

とか暇なこと考える余地なく

「コレどうしよう…」

「間に合うか…!」

「あ!これミスった!」

とか行動ベースの思考に

脳みそを支配させるんです。

 

 

それでも

「ダメだ…」

みたいな思考が入るなら

そうした瞬間から

運動する。腹筋、腕立て伏せだー!

 

そしたらホルモンの作用で

思考も感情もハイになります。

 

「根性論やん…」

という声も聞こえてきそうですが

 

いやいや。断じて違う。

ただの根性論と一緒にしないでもらいたい。

 

これは極めて合理的に

科学的に考えられた…

戦略的根性論です(笑)

 

まぁ多少ふざけた表現をしましたが

マジですよ。

 

少なくともうまくいこうと思ったら

→成果の出るやり方

→大量の行動

が必要です。

 

 

さぁ今日も淡々とやっていきましょう。

 

 

サクセスは、お母さんの応援団!

いつでもお気軽にご相談ください。

次の記事 

前の記事 

このページの先頭へ