岡崎で一番勉強する学習塾、個別志導のサクセス。小学中学受験にも強い。英話・そろばん・習字・パズル・速読教室も併設。

ニュース&コラム

子どもの性格は変えられる

こんにちは!塾長の近藤友紀です。

 

今回のテーマ

☆ 子どもの性格は変えられる ☆

子どもの指導に関わっていると、困っていても、口をきかず、黙っているような子どもと、度々出会います。

そういう時、彼ら、彼女らが自分は内気な子、人見知りな子なんだというように、変えることのできない性格として捉えないように注意しています。
自律した態度の一つは、自分の気持ちや意見をはっきり言葉にして相手に伝えることだと感じるからです。

 

私 :「(生徒の浮かない表情や態度を見て・・・)質問かな?」

生徒:「・・・(うなづく)」私 :「どんな質問かな?」

生徒:「(小さな声で・・・)ここがわかりません」

私 :「そうか。ここがわからないんだね。    この問題は、何を求めればいいのかな・・・?」

生徒:「面積・・・」

私 :「そうだね。面積を求めるんだ。面積の公式はどうだったっけ?」

生徒:「・・・」

私 :「忘れちゃったかな・・・?」

生徒:「・・・(うなづく)」

私 :「公式はね、~だよ。わかったかな?」

生徒:「(小さな声で)はい」

私 :「よかった。君が声に出して『ハイ』って言ってくれたから、君がわかったことが良くわかったよ。うれしいな」

 
このように、言葉を発してもらえるように、生徒のペースに合わせながら質問したり、話をしたりして、言葉を発しやすい環境を創ります。そして、生徒が言葉を発すれば、その都度、「話してくれたから、よくわかったよ。ありがとう」と声をかけます。やがて、言葉数が増え、言葉を使ったコミュニケーションがとれるようになります。
初対面の時と比べると、人が変わったと感じるようになります。「内気な子」と感じたことが、嘘のようです。

 

変えることできない性格だと捉えてアプローチしていると、結果的に、その性格を強化してしまうことになり、益々、変えることのできない性格になってしまう恐れがあります。

 
保護者の皆様におかれましては、子どもの態度を性格と決めつけることなく、「今たまたま、その態度を選んでいるのだ」と考えて、アプローチしてみてください。

きっと、「子どもはこんなにに変わるんだ」ということ発見することになるでしょう。

 

 

サクセスは、お母さんの応援団!

いつでもお気軽にご相談ください。

次の記事 

前の記事 

このページの先頭へ